ナニコレ珍百景の静岡県掛川市の橋のない川を渡らないといけない神社の場所はどこ?八幡神社の詳細

 

今回のナニコレ珍百景で静岡県掛川市の橋のない川を渡らないといけない神社について特集されますが、その神社の場所はどこなのか調べた所、八幡神社という場所があることが判明しました!

 

そんな八幡神社についての詳細を紹介していこうと思います!

 

ナニコレ珍百景の静岡県掛川市の橋のない川を渡らないといけない神社の場所はどこ?

 

ナニコレ珍百景の静岡県掛川市の橋のない川を渡らないといけない神社の場所はどこ?について調べたので、まずは場所はどこなのか紹介していきます!

 

場所の詳細はこちら!

〒421-1215 静岡県静岡市葵区羽鳥3丁目7

静岡県掛川市の八幡神社で調べると4つほど同じ名前の神社が出てくるので木枯森で調べたほうが分かりやすいので木枯森の場所の詳細を張り付けときます!

ナニコレ珍百景で出てくる橋のない川を渡らないといけない神社は木枯森のなかにある八幡神社なので、是非行ってみて下さい!

地図で見ても川の中に神社があることが分かりますね。

 

八幡神社の詳細

 

静岡県掛川市の八幡神社の詳細を調べるとナニコレ珍百景で紹介される以外の同じ名前の神社の詳細が出てきますが、Twitterで木枯森の中にある八幡神社に行ってきたというTwitterの投稿を見つけました!

 

 


 

ナニコレ珍百景で紹介される橋のない川を渡らないといけない八幡神社の交通案内などの詳細は下の静岡の観光スポット公式サイトにて紹介されているので是非ご覧ください!

 

木枯ノ森
こがらしのもり 

安倍川最大の支流「藁科川(わらしながわ)」が安倍川に合流する手前にある川中島で、森はお椀を伏せたような丘を形成し、小さな島は木々に覆われています。「枕草子」のころから、駿河国の歌枕として親しまれてきた場所です。また、本居宣長が撰文を刻んだ石碑「木枯森碑」も森の中に佇んでいます。
木枯ノ森の中には石段や鳥居などが見受けられ、頂には木枯八幡宮があり八幡神が祀られていましたが、度重なる災害や参拝の困難さから羽鳥八幡神社にご神体は移されました。毎年9月頃に、羽鳥八幡神社から八幡様が木枯ノ森へ「本家帰り」する祭りが行われています。
川の真ん中にあるため周囲には駐車場もなく、木枯ノ森に渡るための橋なども整備されていないため、訪れるには川の中を通らなければなりません。静岡の不思議な秘境スポットです。

引用元 公式ページ⇒駿府静岡市

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG