NO IMAGE

朝倉未来はUFCで通用するのか?行くつもりはある?海外から見た強さは?

 

日本の総合格闘技を盛り上げている朝倉兄弟の兄である朝倉未来はRIZINで活躍しているトップファイターですが、RIZINでは敵なしの強さを誇っていて日本人相手では相手がいないと思われていましたが斎藤選手に敗れ以前から朝倉未来は強いのか?という噂に拍車をかけてしまい「どうせUFCでは通用しない」「海外から見た強さは大したことが無い」などと言われ続けています。

 

今回は朝倉未来がUFCで通用する選手なのか?海外から見た強さは一体どれほどの物なのか徹底調査していきます。

 

朝倉未来はUFCで通用するのか?

 

朝倉未来はUFCで通用するのかどうか以前から世間では噂になっていますが、まず注目してほしいポイントはRIZINとUFCのレベルの違いですが朝倉未来が該当するフェザー級で見ると、そもそもRIZINはフェザー級のチャンピョンベルトが生まれたのは前回の斎藤選手と朝倉未来戦が初めてとなります。

 

このことから簡単に予想がつくのですがRIZINはフェザー級の総合格闘技の層が薄く盛り上がりも無いという事が考えられます。

 

そんなRIZINのフェザー級の頂点に立てなかった朝倉未来選手が歴史ある選手層が厚いUFCで通用するのかと言うと難しいというのが個人的な見解ですが、RIZINのフェザー級で他選手を圧倒できる力は持っているので今後の活躍次第でUFCで通用するかどうかの判断材料が増えていくと思います。

 

今の時点ではRIZINで無冠の朝倉未来選手がUFCで通用するのかどうかは判断材料が少ないともいえるのですが、こないだは元DEEP王者のドミネーター選手を左ストレートと左ハイキックで沈めた攻撃力を見ると期待せずにはいられないですよね?

 

斎藤選手に負けた朝倉未来選手は「負けた俺は強い」と言って格闘技に真剣に取り組む熱意を表しているので今後も注目していきたい選手ですね!

 

SNSの反応

 

 

 

 

 

SNSでは通用すると言っている方もいるし通用しないと言っている方もいて賛否両論のようですが、個人的は判断材料が少なすぎて通用するかどうか判断するのは難しいですが今の環境での練習では今後のレベルアップは難しいかとも思われます。

 

しかし、朝倉未来選手もフィジカルトレーナーや栄養士を付けることを考えていると発言していたので、そういった環境を変えていけば更なるレベルアップは考えられます。

 

朝倉未来はUFCに行くつもりはある?

 

 

朝倉未来選手はそもそもUFCに行くつもりがあるのかどうかという話ですが朝倉未来はUFCのトップファイターであるコナー・マクレガー選手と戦いと言っているのでUFCに行くつもりはあるのかなとも思われますが、「30歳で格闘技を引退する」とも発言しているので現時点で28歳なのでUFCに行くつもりなら相当な努力が必要になるかなと考えられます。

 

しかし、格闘技選手でありながら人気ユーチューバーでもある朝倉未来選手はYouTubeで大きな収入を得ているので、海外に行くとなるとYouTubeの撮影は難しくなるのでYouTubeの環境を捨ててまでUFCに行くのでしょうか?

 

UFCにいけばYouTubeのビジネスパートナーであり旧友の吉田君やたくまさんや佐々木君など一緒についてくるのかと言われると難しいところなのかなと思います。

 

主に動画編集は佐々木君が行っていたりカメラはタクマさんや吉田君がしているのでUFCにいって朝倉未来選手が一人でYouTubeを動かすとなると難しいので個人的にはYouTubeをとるか格闘技を取るか重大な分岐点ともなるなと思います。

 

でも、UFCでベルトを取って日本に帰ってくるような事があれば朝倉未来選手の今後のビジネスの幅や活躍は半端じゃない事になりますね!

 

朝倉未来の海外から見た強さは?

 

格闘技ファンの方なら知っての通り朝倉未来選手の所属する団体のRIZINは日本の格闘技団体で、海外の選手と戦うときはRIZINの主催者が海外から選手を呼ぶ交渉をしてRIZINの日本人選手と戦うような仕組みになっています。

 

なのでRIZINで活躍している朝倉未来選手が海外から見た強さはどのぐらいのものなのか判断する材料は今までRIZINが海外から読んだ選手と朝倉未来選手との試合が主な判断材料となりますしUFCで通用するかどうかの基準にもなるともいえます。

 

今まで朝倉未来が戦ってきて勝利を収めた海外選手で強豪と言える選手はグスタボ選手とマカパ選手がいますがグスタボ選手は強い選手と言えますがキャリアが短く海外から見た強さを判断しづらいので今回はマカパ選手にフォーカスを当てていこうと思います。

 

ジョンマカパ選手は海外の強豪団体Bellatorで初戦から4連勝を飾ったことのある間違いなく海外の世界レベルの選手でUFCにも参戦した事のあるトップファイターです。

 

UFCでは初戦で計量失敗した後に敗戦し脱退してしまいましたが、海外の強豪選手との試合でも勝利を収めているので、そんなマカパ選手に勝利を収めた朝倉未来は海外からみても強いと言えるのではないでしょうか?

 

 

しかしマカパ選手に勝利をおさめても朝倉未来が海外からみて強いのかUFCで通用するのかという疑問は解消されていないので、海外のビッグネームをと試合を組んで勝つしかないのではないでしょうか?

 

RIZINとUFCのレベルの違いは?

 

 

そもそもRIZINとUFCのレベルの差はどの程のものなのかという事なのですが、はっきり言ってRIZINとUFCのレベルの差は全然違います。

 

海外からみればRIZINって何っていうレベルでしょうし選手層の厚さも全然違うし、やはり世界の強豪選手はUFCを目指しているので、戦績を残しているトップファイターは間違いなくUFCに集まっているので朝倉未来がRIZINで戦っている以上UFCでは通用しないという声はずっとついてくるでしょう。

 

格闘技をあまり知らない人でもUFCが世界的にメジャーな格闘技団体という事も分かっているぐらいの知名度はありますし朝倉未来選手の弟である海選手もUFCに参戦する意向を見せているぐらいです。

 

やはり朝倉未来のレベルが海外で通用するかどうかはRIZINがUFCのトップファイターを読んで試合を組むかUFCに参戦するかしかないと思います。

 

朝倉未来はUFCで通用するのか?行くつもりはある?海外から見た強さは?まとめ

 

朝倉未来はUFCで通用するのか?行くつもりはある?海外から見た強さは?についてまとめてきましたが個人的な見解は朝倉未来選手がUFCで通用するかどうかは判断材料が少ないがマカパ選手に勝利を収めたので可能性はあるという見解になっています。

 

本人はUFCに参戦する意思は見せていますが、後3戦ぐらいRIZINで勝利を収めて斎藤選手にもリベンジしてから行ってほしいですね。

 

今後も朝倉未来選手は本当に強いのか?という声が無くなることは中々無いと思いますが、朝倉未来選手には総合格闘技を盛り上げていってほしいのでUFCに行ったとしても活躍してベルトを手に入れて更なる活躍を期待しています!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG